ストーリー / STORY

今からでも間に合う!前回までの『検事・鬼島平八郎』

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


鬼島平八郎(M田雅功)は、伊智地方検察庁に勤める44歳の新人検事。「司法の常識」に縛られない型破りな検事である。その鬼島の活躍で3億円の裏金事件が明らかになり、地元の代議士・大橋議員(細川茂樹)にまで容疑が及ぶことになった。

事件の黒幕である政界のドン・橘幹事長(松方弘樹)は、自分に容疑がかかる前に、裏金事件を隠蔽しようと画策する。そこで、橘とつながりのある東京地検の敷島検事正(石橋凌)は、事件の捜査権を伊智地検から奪い取ろうとする。橘に命を救われた過去を持つ森本真紀(内田有紀)も、伊智地検の検事でありながら、敷島に手を貸していたことがわかった。

そんな中、口封じのために命を狙われる大橋に、鬼島は家族のために生きろと説く。心を動かされた大橋はすべてを自供すると決意した。一方、鬼島や伊智地検の面々の熱意に動かされた真紀も敷島に反旗をひるがえし、事件の真相を明るみに出そうとする。

これで事件解決かと思われた矢先、弁護士・安東正親(ビートたけし)は鬼島に忠告する。「おめでたいな。もう終わったつもりかい?」

安東の忠告どおり、大橋が事件の真相を告白する前に、留置場で謎の自殺を遂げてしまった。大橋の葬儀に何食わぬ顔で現れる橘。鬼島は、大橋と同様に不自然な自殺を遂げた姉夫婦の事件に橘が関与しているのではないかと問い詰めるが、橘はシラを切ったのだった……。