ストーリー / STORY

#03おさらい(2010/11/05放送)
裏金事件の立証に向けて動き出す真紀 一方、鬼島は捜査からはずされてしまうが!? 今からでも間に合う!前回までの『検事・鬼島平八郎』

鬼島平八郎(M田雅功)の活躍で、樋村建設の樋村社長(名高達男)が、地元選出の国会議員・大橋はじめ(細川茂樹)に裏金を渡していたと自供した。さらに、現金の受け渡し役・梶井(西沢智治)の証言で、裏金を受け取っていたのは大橋議員の第二秘書・九条誠(長谷川朝晴)だということもわかった。

ところが、当の鬼島は事件からはずされてしまい、森本真紀(内田有紀)から、勝手な行動は慎むように命令されてしまう。結局、鬼島は自転車泥棒の聴取を担当することに。いつもの調子で納得するまで取調べを続ける鬼島に、事務官の越中二朗(濱田岳)もあきれ顔だ。

一方、九条を任意同行しようと動き出した真紀たちに対し、大橋議員の第一秘書・坂下保(風見しんご)は九条が3億円の裏金を私的に流用して行方をくらましたと証言する。九条一人に罪を押しつけてしまおうという狙いだ。そこで、真紀は、及び腰の支部長検事・藤波(松重豊)をよそに、九条の自宅と大橋の事務所に家宅捜索をかけようと提案する。

伊智地検のメンバー全員で、大橋議員の自宅と九条の自宅に乗り込み、家宅捜査が始まった。鬼島と真紀は九条の自宅から大量の札束が詰まったダンボール箱を発見。3億円の一部の1億円だった。さらに、押収品の中から高級クラブの領収書が見つかり、クラブのママからも裏が取れた。やはり、裏金は九条の個人流用なのか?

結局、大橋本人が事件に関与した証拠は見つからず、伊智地検は東京地検の検事正・敷島康広(石橋凌)から捜査の中止を言い渡される。さらに、捜査の指揮を取った真紀は責任を問われて、査問委員会へ呼ばれることになった。素直に委員会への出席を受け入れた真紀。だが、鬼島は、東京地検に対して弱腰の藤波に向かって、真紀をかばってやれと進言する。その言葉に一念発起した藤波は査問委員会に向かい、真紀をかばうのだが……。

その頃、自転車泥棒の事件を調べていた鬼島は、捜査の途中で立ち寄った養護施設で、偶然九条が写った写真を発見する。九条が船舶事故で両親を失った過去を持つと知った鬼島は、九条が命日に現場にやってくるとにらみ、海岸で九条と出会う。裏金事件のスケープゴートとして死を覚悟していた九条だったが、鬼島との会話で、幼い頃から困った子供を助けるという夢を持っていたこと、そのために議員秘書となり、大橋の元で福祉施設予算を増額するための活動していたことを思い出す。

鬼島に心を動かされた九条は、裏金を大橋に渡したと自供した。大橋の関与が明らかになり、真紀も責任を問われないで済むことに。だが、真紀の表情は今ひとつ明るくない。そんな真紀に対し、鬼島は驚きの事実を指摘する。九条の家宅捜索で真紀がクラブの領収書を入れたのを目撃したというのだ。

「何で捜査の邪魔をしとるんですか?あなた、何者なんですか?」

(第4話に続く)